タイの交通事情~バス

普通の観光でタイを訪れる方々は、路線バスや時間がかかる長距離バスを体験されることはほとんどないかもしれません。
 特に路線バスはどの地域でも乗りこなすのは至難の業だと思いますが、特にタイの場合は特殊で、同じ行き先でも、例えばエアコンのありなしで停まる場所が違ったりしますし、勿論条件が悪いほど値段も安く、運転がやや荒っぽかったり多少のリスクも伴うということになります。

 私がタイを訪れるようになった1997年頃、単独で行動する自由な時間があるときは、実はよくエアコンなしのバスを利用していました。料金は当時たったの3バーツ、日本円で10円程度です。
少しでも生のタイ語に触れたい一心で、この古ぼけたバスに乗り込んでは人のよさそうな乗客に話しかけたり、運転手さんや車掌さんに、「●●●に着いたら教えてね~」と頼んだりしていました。
 一度だけすごいスコールの中バスに乗り込んだ時、まるでその風雨を楽しむかのように猛スピードでバウンドしながら走行したことがありました。外は嵐、そして暴走するバス、後戻りできない恐怖に声も出ず、ただひたすら無事に到着するのを祈るばかりでした。

 そして今でも思い出すと顔がにやけてしまうことがあります。友人のタイ人の職場があるバス停の名前が「PTT」、これタイ国営石油の略称なんですが、タイの発音でなんと読むがわかりますか?日本語のわかるタイの友人が書いてくれた説明は、「パォー・タォー・タォー。パー、またはターと言いながら口をオの形にするんですよ!」。いつも恐る恐るバスの車掌さんに「パォー・パォー・タォー」、「パォー・タォー・タォー」と何度繰り返すも、決して通じないのでした(汗)。

2009年9月18日 09:35 |個別ページ

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

ウェブページ

Calendar

2011年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サイト内検索

お問い合わせ

当サイトに関するお問い合わせは、aaa@@bbb.net よりお願いいたします。
※@は、1つ削除して下さい。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 タイ・バンコク旅行観光情報ナビ. All Rights Reserved.