2010年2月

タイ語の魅力

 昨年10月から通っていたタイ語学校のクラスが、昨週の試験で一応終了しました。7年ぶりのタイ語の勉強でついていけるかどうかとても不安でしたが、昨年と今年の2回、タイに旅行する機会があり、これ以上にないモチベーションを保つことが出来たのと、やはりタイ語そのものがとても面白いことに改めて気づく事ができたことで、なんとかアラフィフ世代でも授業についていく事が出来たと思います。
 タイ語の面白さは何でしょうか。試験勉強をする中でふと考えてしまいました。よく年をとると記憶力が鈍るとか一度覚えてもすぐに忘れると言いますが、やや傲慢かもしれませんが、自分自身あまりそのようには感じませんでした。最後の試験が終わってクラスメートとも帰宅する道すがら話をしたのですが、何しろタイ語は面白いのです。一つには私はタイ語には欧米の言語に見られるような厳格なルールはあまりなく、生活に密着している言葉だという気がします。だから状況に応じて様々に変化していく言葉なのです。そう、タイ人の気ままな性格や気候風土に寄り添うように。
 タイ語を勉強し始めた一昔前と比べその環境は劇的によくなりました。あんなに苦労してタイ語をインストールしていたものが、今では新しいOSではすでにタイ語フォントがインストールされています。ただ一方で、タイの空港について都心に向かうとき、あんなにタイ文字があふれていたバンコクの町が、一見どこの国かわかないようなありふれた洗練された町になってしまった事が、ちょっと懐かしくも寂しい気がします。

ワットアルン.JPG

Posted by yumiko | 2010年2月 2日 08:56 |

ウェブページ

最新投稿記事

Calendar

2011年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サイト内検索

お問い合わせ

当サイトに関するお問い合わせは、aaa@@bbb.net よりお願いいたします。
※@は、1つ削除して下さい。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 タイ・バンコク旅行観光情報ナビ. All Rights Reserved.